2014年12月13日

ゲーム用の早押し機をつくってみた話

この記事は
Aizu Advent Calender 11日目
の記事になります。

3年目にしてようやく記事投稿できました。
しかし、遅刻してしまい申し訳ないです。寝るまでが11日です。とか言うつもりがもう13日でした

  ◆  ◆  ◆

で、タイトルに書いてますが。

2014-12-12 06.45.35.jpg
これ。
早押しクイズ用のボタンつくりました。

  ◆  ◆  ◆

経緯
忘年会で早押しクイズやりたい
→でもボタンがない
→USBゲームコントローラ使えば作れるんじゃね?
→ボタン購入(何故か10個も)

本来の、クイズ用の早押しボタンは、1/1000秒単位での早押し判定が出来るらしいんですが、
残念ながらそのようなものを作る知識は持ってない。

ということで、出来そうな範囲で!
ゲームコントローラを使用し、ソフトウェア側はゲームとして制作することで
1/60秒(=1フレーム)単位での判定が可能な早押し機です

本体とコントローラーは百均のタッパーを使用。
・本体はUSBゲームコントローラの基板を流用。基板の配線を半田で外に出す。
・コントローラー側は、収納としても使えるよう、開け閉めが楽なタイプを使用してます。
・コントローラーのコード長は最大1mくらい、長い分はタッパーに収納可能です。

ソフトウェアのほうは、間に合わせで作っただけなので工夫もないのですが、
・早押しボタンを押せば、色に対応した色が表示。
・同着判定の場合はランダムで誰か一人。
・上下キーを押すことで、点灯中の人のポイント増減
・Enterキーでリセット。
・二着判定などは実装していません。

蛇足ですが。
某アーケード早押しクイズゲーム。
「+0.01ms」で押し負けることが結構多かったのですが、
多分、こういう同フレーム押しによる乱数だったのかなぁ、と作りながら、思いました。

というわけで、
以下は、この早押し機を作るまでの苦労をつらつらと書き連ねます。

>> 続きはこちら
posted by るいーに at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記